このページの先頭です

日焼け肌だと医療脱毛できない?受けられるクリニックも紹介!

90views

投稿日:

日焼け肌だと医療脱毛できない理由

紫外線が強くなる日中、長時間外出すると肌が黒くなることがありました。これは肌に黒色のメラニン色素が増えたからです。このメラニン色素はメラニン細胞と呼ばれるメラノサイトが生成しています。メラニン色素に紫外線を吸収させ、肌を守っているのです。日焼け肌は健康的に見えるものの、医療脱毛したい時には注意が必要です。

それは肌が黒くなるとレーザーが反応しやすくなり、火傷する可能性があるからです。通常の日焼けなら火傷の可能性は少ないです。しかし黒くなり過ぎたと言う人は危険性が増すため、断られることがありました。色素沈着もメラニン色素が原因となっています。同じ理由で色素沈着がある部位もレーザー照射ができないことがあります。

夏に日焼けしてしまったら

冬は紫外線が弱い上に、日照時間が短いです。衣服で手足が隠れるため、外出時間が長くなっても日焼けが殆ど進まないことがありました。しかし春になり日照時間が長くなると、紫外線も強くなっていきます。

夏になると特に日焼けしやすいです。夏に日焼けし、黒くなり過ぎた場合は薄くなるまで待つしかありません。黒くなり過ぎた場合は薄くなるまで長期間掛かることが多いです。いつまで待っても医療脱毛が受けられないと言うことがあったのです。

日焼けしなかった部位なら医療脱毛が可能

両ワキは紫外線が当たり難い部位のため、日焼けしないことがありました。日焼けしていない部位なら医療脱毛が受けられます。ただしプールや海で全身日焼けしてしまった場合は全身脱毛が受けられません。

医療脱毛で火傷してしまった場合は?

普通肌と言う人でも火傷のリスクはあります。医療脱毛で火傷した場合は、そのクリニックですぐに治療が受けられます。レーザー照射後は軽度な炎症を起こした状態です。そのため肌に赤みが見られることがありました。しかし赤みは正常な反応のため、そのうち自然に治まることが多いです。

中々消えない場合は鎮静効果のある軟膏を患部に塗布すると言う治療が受けられます。火傷が起きてしまった場合はすぐに冷却し、薬による治療を行います。色素沈着が残りそうな場合は内服薬や美白効果のあるクリームなどで対応していきます。医療脱毛の再開は火傷や色素沈着が治まってからとなります。

日焼け肌でも受けられるクリニック

中には日焼け肌でも医療脱毛できるクリニックがあります。薄くなるまで待てない、今すぐ脱毛したいと言う方でも大丈夫です。ただし真っ黒まで日焼けすると断られる可能性があるため、注意して下さい。

KM新宿クリニック

KM新宿クリニックでは最新理論を用いた医療脱毛が受けられます。従来の医療脱毛では毛根を狙ってレーザーを照射していました。しかしKM新宿クリニックのハヤブサ脱毛ではバルジ領域を狙ってレーザーを照射しています。

バルジ領域は毛根と肌表面の中間ほどの位置にある発毛幹細胞です。黒い色の毛根にレーザーを反応させていないため、日焼け肌でも医療脱毛できると言うメリットがあります。

リゼクリニック

リゼクリニックでもバルジ領域を狙った医療脱毛が受けられます。従来の医療脱毛では高熱により、輪ゴムを弾いたような痛みがありました。

しかしリゼクリニックの医療脱毛ならお湯を入れたマグカップを肌に当てた時のような熱しか感じません。

そのため殆ど痛みの無い医療脱毛を受けたいと言う方にもおすすめします。

城本クリニック

城本クリニックではダイオードレーザーを照射できるライトシェアと言う機種を導入しています。ライトシェアにはパルス幅を調節できると言う特徴があります。このパルス幅の調節により、肌の色にかかわらずに医療脱毛できると言うメリットがあるのです。さらに剛毛から軟毛まであらゆる毛質に対応することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です