このページの先頭です

レーザー以外の方法も?医療脱毛には針を使った手段がある!

101views

投稿日:

針脱毛は硬い体毛も処理できる

レーザー以外の脱毛処理

クリニックの医療脱毛は、脱毛を効率的に済ませるように身体のメラニン色素に反応する特殊なレーザーを使って処理を行います。メラニン色素は、シミやホクロを代表とする黒に近い色素のことで、こうした色素に反応するレーザーを利用すれば、肌には大きな影響を与えずに綺麗な脱毛を実現できます。

また、医療脱毛のレーザーは周波数を単一の波長に設定することで、皮膚の下にある体毛の細胞を破壊するくらいの強い熱エネルギーを生み出すことも可能です。

普通は、これらのレーザーを利用することで体毛を綺麗に脱毛できるのですが、こうした方法であっても男性など体毛が非常に濃い人には効果が薄いときが稀にあります。そのようなケースでは、レーザーではなく針を利用した脱毛を行います。

  • 針脱毛
  • 絶縁針脱毛

針を利用した脱毛方法は、実はレーザーを利用した医療脱毛よりも歴史が長いです。元々、永久脱毛と言えばこの脱毛方法を指していたくらいなので、脱毛効果に関しては保証されています。針脱毛で脱毛効果を得るためには、電気を流すことが可能な特殊な針を、直接脱毛したい体毛に接着させて電気を流す必要があります。

ですから、従来までは針脱毛における電気の影響力はかなり大きく、肌に対して大きな痛みを残すこともありました。しかし、技術が発達してからは電気を通す針に、絶縁針という特殊な針を利用しています。この方法を利用することで、従来と比較すると最小限の痛みで脱毛処理を実現できるようになりました。

どんな硬い体毛でも平気

針脱毛の最大のメリットは、どれだけ硬い体毛であっても非常に高い確率で脱毛効果を得られることです。レーザーの場合は周波数を単一にしているため、その周波数で生み出すことが可能な熱エネルギー以上の力を発揮することはできません。

しかも、レーザーの場合は1本1本確実に処理をするのではなく、照射範囲をある程度広げて照射しますので硬い体毛をすべて処理することが難しい時もあります。一方で、針脱毛は体毛が硬くても脱毛したい体毛に接着させて電気を通すため、確実に体毛の細胞を破壊できるメリットがあります。

人間は体質によって、脱毛で体毛が硬毛化してしまうことがあります。硬毛化した場合、普通のレーザー脱毛では対処することが難しくなるのですが、針脱毛を利用するとこの難点を解決できます。ですから、他の人と比較して体毛が濃かったり、体毛に何らかのトラブルを抱えてしまった人には針脱毛はおすすめです。

針脱毛のメリットとデメリット

針脱毛のメリットは、以下のようにまとめることができます。

  • 永久脱毛が可能
  • 日焼けでも可能
  • 硬毛化に効果的

一方で、針脱毛のデメリットに関しても知っておかなくてはいけません。針脱毛のデメリットはほとんどありませんが、唯一あげることができるのは副作用と回復の遅さです。痛みに関しては、確かに絶縁針や麻酔を利用することで最小限に軽減できますが、副作用に関しては麻酔を利用したとしても改善することは難しいです。

例えば、絶縁針を利用して脱毛をしたとしても、脱毛後に1週間程度は脱毛した部位に内出血が出てしまうこともあります。これは、針による電気のダメージと、痛みを軽減する麻酔針のダメージの双方が負担となっているからです。もちろん、日常生活を送っていく上で支障はありませんが、脱毛部分に日光などがあたると症状が悪化してしまう可能性はあります。

また、肌に対するダメージが大きいことから、部分的な脱毛には向いていますが全身脱毛のように時間をかけて行わなくてはならない場合には向いていません。レーザー脱毛で全身脱毛が可能なのは、脱毛処理におけるダメージを次の脱毛処理の間で回復させることができるからです。

針脱毛の場合は、効果が非常に高い事実はありますが肌のダメージの回復がレーザーよりも時間がかかってしまいますのでその点は理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です