このページの先頭です

痛がりでも安心!医療脱毛に痛みが少ない3つの理由

73views

投稿日:

脱毛につきまとう「痛み」の悩み

すべすべの美肌のために脱毛したい、という女性は多く見られます。女性にとってムダ毛がなくすべすべの肌は理想ですが、自己処理では脱毛に限界があります。カミソリで処理すれば肌を傷つけてしまいますし、毛抜きでは手の届かない部位のムダ毛に対処できません。

効率よくムダ毛を処理するには脱毛施術を利用するのが一番確実ですがネックとなるのが「痛み」の問題です。大掛かりな脱毛施術には痛みがあるため、痛がりの方は脱毛したいと思っても痛みを警戒して施術を受けるのをためらってしまいます。

痛みに弱いがために脱毛を受けられないのはとてもくやしいですが、そんな痛みの悩みを解決してくれるのがクリニックの医療脱毛です。

医療脱毛は痛みが少ない

脱毛施術は大きく分けるとエステサロンの脱毛とクリニックの医療脱毛の二つに分けられます。痛みが強いというイメージはエステサロンによってつくられたもので、ワックスでムダ毛を一気に引き抜いたり電気針でムダ毛を焼き切ったりといった痛みの強い施術によってイメージが形成されてしまったものです。

クリニックの医療脱毛はエステサロンとは全く異なります。医師や看護師によって施術が行われる医療脱毛では痛みの解消にも細心の注意がはらわれています。クリニックの医療脱毛は医療行為なので、痛みの解消も重要な治療の一部です。

痛みを我慢するよう無理強いされることはなく、リラックスした気持ちで施術が受けられるようにさまざまな痛み対策をしてもらえます。痛みに弱い方でもほとんど痛みを感じることなく脱毛できるので痛がりの方ほどクリニックでの医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛に痛みが少ない3つの理由

肌への負担の少ない医療脱毛レーザー

クリニックの脱毛施術では専用の医療脱毛レーザーが使用されます。この医療脱毛レーザーは医療機関にのみ使用が認められている機器でエステサロンでは使えない専門の医療装置です。

医療脱毛レーザーは出力が高く大きな脱毛効果が期待できるというメリットがありますが、それに加えて肌にかかる負担が少ないというメリットもあります。高出力ながら肌への負担が少ないため痛みを感じにくく、肌への健康を守りながらしっかりと脱毛施術が行われる優れものです。

医療脱毛レーザーはレーザーの性質や波長が異なるいくつかの種類がありますが、それぞれ痛みの程度は違います。中には皮膚の深部まで届く代わりにやや痛みが強いレーザーもありますが、痛みを防ぐ処置と平行して施術が行われるので我慢できない程の強い痛みが発生することはありません。

強い痛みには麻酔で対処

痛みが少ない医療脱毛レーザーですが、皮膚の薄い部位への施術だと多少の傷みを感じる可能性があります。我慢できないレベルの痛みではありませんが、クリニックではささいな痛みでもきちんと対処してくれます。対処として行われるのが麻酔による痛み軽減措置です。

クリニックでは脱毛を受ける部位の感覚を鈍らせる麻酔を併用することで施術中に痛みを感じることなく安心して脱毛できる状況を確保します。使用される麻酔は皮膚に塗布する麻酔クリームや施術部に貼ることで効果を発揮する麻酔クリーム、ガスを吸引する笑気麻酔や高い効果が期待できる静脈麻酔など、痛みの程度にあわせてさまざまな麻酔が使い分けられています。

どのような方法で麻酔を用いるかは医師が判断します。医療脱毛用の麻酔は全身麻酔に比べて効果が穏やかなので副作用や後遺症のリスクはほとんど心配いりません。

施術前のカウンセリングで痛みに弱いことを伝えておけば医師の判断で適切に麻酔を使用してもらえます。やっかいな痛みに耐えて脱毛する必要は全くありません。

患部を冷やして麻酔を軽減

医療レーザーの種類によっては冷気ガスで施術部を冷やしながら脱毛を行います。冷やすことで皮膚の感覚を鈍らせて痛みを軽減し、熱による赤みや腫れを防ぎます。冷やすのは肌表面だけなので健康に影響はありません。寒すぎて体調をくずすこともなく快適に施術が受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です