このページの先頭です

医療脱毛のメリットは脱毛効果!レーザーの種類による違いとは?

110views

投稿日:

効果の高い医療脱毛とは?レーザーに種類があるの?

ムダ毛がなくなる医療脱毛とは

医療脱毛とは、医療機関で受けられる医療レーザー脱毛です。エステティックサロンの脱毛とは違い、強いレーザーを使用して脱毛します。レーザーが毛乳頭に働きかけて、しっかり効果的な脱毛をすることができます。

強力なレーザーを使用して毛乳頭を破壊するため、医療機関以外では施術を受けられません。

レーザー脱毛の脱毛機器には種類があります

医療レーザーにはいくつかの種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、確認しておきましょう。

ダイオードレーザー

痛みが少なく安全性があり、日本人の肌に合うと言われています。脱毛機器のヘッドが広いため、脱毛時間を短くすることができます。

ダイオードレーザーのライトシェアデュエットという脱毛機器は、従来のダイオードレーザーよりも、照射ヘッドがさらに広いことが特徴です。従来のダイオードレーザーと比較すると約3分の1の時間で脱毛することができます。そのため、全身脱毛をしたい方には、スピーディーな脱毛ができるためおすすめです。

照射ヘッドが広い分、極端にせまい部分には使えません。

また、吸引しながら脱毛するため、レーザーの出力を抑えて痛みの少ない脱毛をすることができます。痛みが少ないため、VIOなどの痛みを感じやすい部位の脱毛にも向いています。従来のダイオードレーザーはうぶ毛に効果が出にくいものでしたが、ライトシェアデュエットはうぶ毛を脱毛したい方にもおすすめです。

ライトシェアデュエットは、アメリカのFDAで永久脱毛の効果があると認可されているため脱毛効果に期待ができます。

ダイオードレーザーには、メディオスターNeXT PROという最新の脱毛機器もあります。毛乳頭にダメージを与えるのではなく、発毛因子のバルジという部分にじっくり働きかけて脱毛するため、温かさを感じるだけで痛みがほとんどないと言われています。

肌の色やうぶ毛などに関係なく脱毛できる最新の脱毛機器です。毛のサイクルにも関係なく脱毛することができるため、短期間で脱毛を完了することができます。

アレキサンドライトレーザー

冷たく冷やされたガスが出る脱毛機器です。脱毛部分を冷やしながら照射することができるため、痛みが少ないと言われています。

うぶ毛や白髪に脱毛効果が出にくいことがデメリットです。

アレキサンドライトレーザーのジェントルレーズという脱毛機器は、シミなどの美肌効果も期待できます。また、従来の脱毛機器よりも脱毛効果が高いのにもかかわらず、痛みが少ないと言われています。

ジェントルレーズはアメリカのFDAで永久脱毛の効果があると認可されているため、脱毛効果に期待ができます。

YAGレーザー

毛根がしっかりしている毛や、ヒゲなどにおすすめの脱毛機器です。脱毛効果が高いため、痛みが強いと言われています。

うぶ毛に効果はほとんどありませんが、日焼けした肌や濃い毛でも脱毛できるというメリットがあります。そのため、男性の脱毛に使用されることのある脱毛機器です。脱毛サロンで施術を断られた方も、YAGレーザーであれば脱毛できることがあります。

日焼けした肌でも脱毛できますが、まったくやけどの可能性がないというわけではありません。

YAGレーザーのジェントルYAGという脱毛機器は、約マイナス25度の風で冷やしながら脱毛できます。

G-MAX

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーを組み合わせたような新しい脱毛機器です。照射ヘッドが広いため、スピードのある脱毛をすることができます。うぶ毛の脱毛効果も期待できるため、背中などにおすすめです。

クリニックによって、使用している脱毛機器が違います。特に新しい脱毛機器を導入しているクリニックは少ないです。最新の脱毛機器が気になる方は、クリニックに相談してみましょう。

医療脱毛とフラッシュ脱毛では何が違うのでしょうか

医療脱毛は、医療機関で受けられる脱毛です。医療レーザーは脱毛サロンのフラッシュよりも強力なため、クリニックでしか受けられない効果の高い脱毛方法です。

フラッシュ脱毛は、医療レーザーよりも出力が低いため脱毛サロンで気軽に受けられます。脱毛効果が低いため永久脱毛の効果はありません。毛を減らしたり、生えることを遅らせる脱毛方法です。低価格で痛みの少ないことが特徴です。

医療脱毛のメリットとは、デメリットも確認しておきましょう

医療脱毛のメリットとは

  • 脱毛が完了すると、ほとんど生えてくることがない
  • 肌トラブルがある場合、すぐに診察してもらえる
  • フラッシュ脱毛よりも脱毛回数が少ない
  • 自己処理が不要になるため、肌がきれいになる
  • 痛みがつらいときは、麻酔ができる場合もある

医療脱毛のデメリットとは

  • 料金が高い
  • 痛みを感じることが多い
  • 脱毛後に赤みが出やすい、毛嚢炎の心配がある
  • うぶ毛や白髪に効果が出にくい
  • まれに硬毛化や増毛化になることがある

少ない回数で、効果的な脱毛が受けられます。

万が一、肌にトラブルがあった場合、すぐに診察してもらうことができるため安心です。敏感肌などの方も、相談をしながら脱毛をすることができます。

脱毛前後の日焼けは避けましょう。赤みが気になるときは冷やしたり、医師に相談したりしましょう。

うぶ毛に効果の出やすい脱毛機器もあります。うぶ毛を脱毛したい方は、クリニックに相談しましょう。白髪は数本であれば、電気針で1本ずつ脱毛してもらうこともおすすめです。

硬毛化とは毛が硬く太くなることです。増毛化とは毛量が増えることです。医療脱毛でもフラッシュ脱毛でも、まれに起こることがあります。気になる方は、契約前に保証などがあるか確認しておきましょう。

脱毛による副作用として皮膚ガンを気にする方が多いですが、レーザーは紫外線ではないため基本的に心配ありません。

また、特にワキ脱毛では、脱毛完了後に汗が増えるという意見もあります。これは毛がなくなったことで、汗がわかりやすくなったためです。汗が増えたわけではありません。

この場合、せっかくきれいになった肌に黒ずみができやすくなる制汗剤はおすすめできません。こまめにふき取るか、ボトックス注射で汗を止めることも検討してみましょう。

フラッシュ脱毛は低価格ですが、脱毛回数が多くなりがちです。また、再び毛が生えることがあるため、少々費用が高めでも医療脱毛のほうがおすすめです。

医療脱毛は、フラッシュ脱毛をしたけれど効果が感じられなかったという方にもおすすめです。フラッシュ脱毛よりも痛みはありますが、ムダ毛を少ない回数でしっかりなくすことができます。

クリニックを選ぶ際には、口コミなどを参考にして信頼できるところを選びましょう。硬毛化などに保証のあるところもあります。

また、医療レーザー脱毛は効果が高いため、フラッシュ脱毛より赤みが強く出ることもあり、やけどの恐れがないとは言えません。

メリットの他にリスクもきちんと説明してくれるクリニックを選びましょう。

部分的な脱毛を数カ所するより、全身脱毛のほうがお得なの?

始めはワキ脱毛だけで契約しても、ムダ毛のなくなった肌を見ると他の部位の脱毛を希望する方がほとんどです。

ワキはもちろん肌を出すことの多い腕や脚、人気が高くなってきているVIO、化粧ノリがよくなる顔など、複数の部位を脱毛する場合は全身脱毛がおすすめです。

始めから全身脱毛を選ぶと、料金がお得になることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です