このページの先頭です

医療脱毛の痛みが強い部位は?軽くする方法はあるの?

102views

投稿日:

医療脱毛の痛み

医療脱毛はレーザーを照射する脱毛方法です。クリニックで永久脱毛したい、全身脱毛したい時に良く選ばれています。しかし永久脱毛できる代わりに痛みが強いというデメリットがありました。

人によって痛みの感じ方に差があるものの、レーザーを照射した際に輪ゴムを弾いたような痛みがあるといわれています。参考程度ではあるものの、輪ゴムを用意して肌に弾いてみれば痛みがどれ位なのかが分かります。

痛みの感じ方が弱い部位

医療脱毛の痛みは部位によっても異なります。腹や尻など皮下脂肪が多い部位は痛みが弱い傾向があります。むだ毛が比較的薄い背中や腕なども痛みの感じ方が弱いです。

痛みの感じ方が強い部位

手の甲や足の甲など皮下脂肪が少ない部位は痛みが強い傾向があります。その他にもワキなどむだ毛が濃い部位も痛みが強くなりやすいです。特にVIOはむだ毛が濃い上に、肌が敏感のために強い痛みを感じることがありました。

痛みを軽くする方法

麻酔で痛みを軽くする

医療脱毛は医療行為ができるクリニックで提供している脱毛方法です。そのため麻酔を使用し、痛みを軽くすることが可能です。麻酔には麻酔クリーム、笑気麻酔などがあります。麻酔クリームは肌に塗布して使用するタイプです。

塗布してから30分ほど待ち、十分な麻酔効果が出てからレーザーを照射します。注射針は使用しないため、注射時のような痛みもありません。手軽にかけられる麻酔方法となっています。ただし表面麻酔のため、麻酔効果が出るのは肌の浅い部分という点には注意が必要です。

毛根が深い部分にある場合、痛みを感じることがあります。ワキやVIOは比較的毛根が深い部分にあります。笑気麻酔は笑気ガスを吸引し、痛みを軽くする方法です。笑気ガスは亜酸化窒素と医療用酸素の混合ガスとなっています。

この笑気ガスを吸引すると痛みの感じ方が鈍くなります。リラックス効果もあるため、恐怖心も感じなくなります。麻酔クリームでは効果が出ない時にも便利な麻酔方法となっています。

レーザーの出力を下げて痛みを軽くする

医療脱毛の痛みはレーザーの出力が大きく関係しています。出力を上げると痛みが強くなるため、我慢できない時は出力を下げてもらうと良いです。ただし出力を下げすぎると脱毛効果が弱まります。脱毛効果が弱まると来院する回数が増えることが多いため、適切な出力調整が重要です。

患部を冷やす

痛みの感覚は温度も大きく関わっています。温度が高いと痛みを感じやすくなり、低いと感じにくくなります。そのためレーザー脱毛マシンには冷却装置が付いていることが多いです。レーザー照射後、自分でも患部を冷やすと残っていた痛みが引いていきます。保冷剤をタオルで包んで冷やす方法がおすすめです。

患部を保湿する

肌が乾燥すると痛みの感じ方が強くなります。特に冬になると肌が乾燥しやすいため、ローションやクリームなどを使用し肌を保湿して下さい。レーザー照射によっても肌が乾燥しやすくなります。それは毛根を高熱で破壊する際、水分も失われてしまうからです。医療脱毛中も十分な保湿ケアを行って下さい。

紫外線対策を行う

日焼けして肌が黒くなると痛みが強くなります。レーザーは黒色に反応するため、肌にあるメラニン色素にも反応してしまいます。紫外線を浴びすぎると肌のバリア機能が弱まり、乾燥しやすくなります。そのため日焼け止めクリームやUVカットの衣服、帽子などで紫外線対策を行って下さい。

生理中の脱毛は避ける

VIO以外なら生理中でも医療脱毛できるクリニックがあります。しかし生理中は痛みに敏感になるため、なるべく避けた方が良いです。刺激に対して弱くなっているため、肌トラブルのリスクも高まります。安定してからレーザー照射を受けるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です