このページの先頭です

医療脱毛の施術後に毛穴が目立ってしまう原因と対策まとめ

190views

投稿日:

医療脱毛のあとに毛穴が目立ってしまう理由

毛穴が炎症を起こしてしまうから

医療脱毛では、専用の医療レーザーを使用し、脱毛施術を進めていきます。レーザーは、高熱の効果を利用して、毛根を死滅させていく仕組みになっているため、しばしば毛穴が炎症を起こしてしまうことがあるのです。

もちろん、クリニック側で徹底したケアはしてくれますし、ジェルの活用やアフターケアなどの万全の対策がしてありますが、毛穴が開いてしまう状態なので、炎症が引き起こされやすくなってしまうのです。

肌が乾燥しやすくなってしまうから

前述したように、医療脱毛では医療レーザーを使用した施術となっています。そのため、肌がどうしても乾燥しやすくなってしまいます。肌の乾燥は、トラブルに発展することが非常に多いです。乾燥肌の人は、ニキビが起きやすいのと同じです。医療脱毛後に、毛穴が目立ちやすくなってしまうのは、肌が乾燥することで、毛穴トラブルに発展してしまうせいもあるのです。

毛穴を目立たせないおすすめ対策

冷却を徹底する

医療脱毛が起きたあと、毛穴が炎症を起こしてしまうのを防ぐためには、施術後のクールダウンが非常に重要になってきます。毛穴が開きっぱなしになってしまうことがないよう、素早くしっかり脱毛部位を冷却することで、毛穴を引き締め、むしろ肌全体をシェイプアップする効果を狙うのです。

実際に医療脱毛をした人は、アフターケア次第では、美肌効果や肌のアンチエイジングを行うことも可能です。クリニックで冷却までしっかり行ってくれるところがほとんどですが、コースに含まれていなかったり、クリニックで対応していなかったりする場合は、自宅で脱毛部位の冷却をしっかり行いましょう。

このとき、肌が荒れてしまわないよう、長時間冷やし続けたり、直接保冷剤などを肌に当ててしまったりしないように気を付けてください。

保湿を徹底する

肌荒れを防止するためには、乾燥を防ぐことが必須ですよね。これは、医療脱毛の施術後でも同様です。保湿ケアを徹底することで、施術後の毛穴トラブルを回避しやすくなります。全身脱毛をしたときなどは、つい手が届きにくい部位も発生するので、施術を受けたどの部位も、きちんと保湿ケアが出来るようにしましょう。

ボディ用の化粧水や乳液、ローションと、顔面用は異なっていることも多いです。よりデリケートな皮膚に使用するアイテムは、繊細かつ浸透効果も高いので、美容液としても活用できます。トラブル回避と同時に、美肌効果も促せるものが良いでしょう。綺麗に脱毛したい人に特におすすめの対策です。

施術当日の入浴を避ける

毛穴を目立たせずに脱毛したい人は、医療脱毛の施術後は、シャワーだけにとどめておくようにしましょう。開いた状態の毛穴に、雑菌が入って炎症を引き起こしてしまうことがあるので、湯船に入るのは、施術から一日間をあけた方が良いのです。

全身が温まるのは、美容的に考えてもメリットは大きいのですが、毛穴がかえって開いてしまう原因になるため、一日はさっと短時間のシャワーにとどめましょう。42℃以下のぬるめのお湯がおすすめです。

激しい運動や飲酒を避ける

医療脱毛の施術をしたあとは、激しい運動は避けましょう。引き締めたい毛穴が開いてしまう原因になりますし、汗や皮脂が毛穴に詰まって、やはり炎症を引き起こしやすくなります。

また、施術当日は、飲酒も避けた方が良いです。アルコール成分は、どうしてもやはり炎症を引き起こしやすくなります。全身の血流バランスを乱してしまいやすいですし、皮膚が火照って、クールダウンの効果が出にくくなってしまうからです。嗜む場合は、施術の翌日からにするのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です