このページの先頭です

毛深いと医療脱毛の効果が出ない?毛深くなる理由も解説!

106views

投稿日:

体毛の役割と毛深くなる理由

体毛の役割

体毛には次のような役割があります。

  • 身体の保護
  • 体温の維持
  • 感覚機能
  • ファッション性

身体の保護

体毛には衝撃などから身体を保護すると言う役割があります。例えば頭髪は頭を固い物にぶつけた際の衝撃から守っています。眉毛は汗やホコリが目に入らないように保護しています。鼻毛はホコリやゴミを吸い込まないように守っているのです。

体温の維持

体毛は体温を維持すると言う役割もあります。極寒でも動物たちが生きていけるのは、優れた体温維持機能を持つ体毛があるからです。しかし古代人と違い、現代人は衣服を着用するようになりました。そのため体毛が退化し、むだ毛と言う意識が生まれました。

感覚機能

体毛には物が触れた時に感じると言う機能も持っています。感覚機能を持つ体毛として良く知られているのがヒゲや頭髪です。人のヒゲは剃っても問題ありません。しかし動物たちにとっては重要です。

ファッション性

体毛のうち、特に頭髪にはファッション性と言う役割もあります。女性の場合、髪型のファッション性は特に重要です。男性でもヒゲをデザインすることが多くなりました。

毛深くなる理由

毛深い人から薄い人まで、体毛には個人差がありました。これは遺伝が大きく関わっていると言われています。体毛の場合は隔世遺伝しやすいと言う特徴があります。そのため祖父や祖母が毛深い場合、その孫は毛深い遺伝を受け継いでいる可能性があります。遺伝は一生変わらないため、変えようと思ってもできません。

その他、ホルモンバランスの変化も毛深くなる理由の一つとなっています。男性でも女性でも男性ホルモンと女性ホルモンの分泌が見られます。男性ホルモンの分泌が増えると毛深くなりやすい、女性ホルモンの分泌が増えると薄くなりやすいです。

栄養不足やストレス、睡眠不足などでホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの分泌が増えると毛深くなることがありました。遺伝と違い、ホルモンバランスを整えることで改善が期待できます。

毛深いと効果が出ないの?

毛深いため脱毛したいと言う時に魅力なのが医療脱毛です。医療脱毛では出力の高いレーザーを照射し、毛根にダメージを加えています。優れた効果を持つ脱毛方法ではあるものの、その効果には個人差があります。そのため毛深いと効果が出ないのではと心配する人が見られました。

しかし医療脱毛の場合は毛深くても効果が出やすいと言うメリットがあるのです。それはレーザーには黒い色に吸収される性質があるからです。日本人の多くがむだ毛は黒色となっています。これは毛根やむだ毛に含まれるメラニン色素が黒色だからです。逆にむだ毛が薄いとレーザーの反応が弱まり、効果が出にくくなります。

その代わりに通常の濃さの人より、回数が増えることがあります。ワキ脱毛、VIO脱毛、全身脱毛など医療脱毛には様々な脱毛コースがあります。どの脱毛コースでも回数が増えると料金が上がるために注意が必要です。

脱毛し放題コースを選ぶ

毛深くて回数が増えそうと言う人は脱毛し放題コースを選ぶと言う方法があります。全身脱毛の平均回数は5回となっています。しかし毛深い人は8回ほど必要になることがありました。回数が増えてしまっても脱毛し放題コースなら追加料金が発生しません。全身脱毛5回コースから回数延長するより、最初から脱毛し放題コースを選ぶのがおすすめです。

レーザー照射で毛深くなることがある

産毛が多い背中などにレーザー照射を行うと、硬毛化することがありました。かえって毛深くなってしまうのです。そんな時でも無料保証のあるクリニックならコース終了後でも無償で再照射が受けられます。背中が毛深いまま残ってしまうと言う心配は殆どありません。背中など産毛が多い部位を脱毛したいと言う時は無料保証に着目してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です