このページの先頭です

永久脱毛なら医療脱毛!主なメリットやレーザーの特徴などを解説

134views

投稿日:

医療脱毛のメリット

短期間で脱毛できる

テレビCMなどの大規模な宣伝が行われている脱毛サロンの方が注目を集めがちですが、医療脱毛の方が脱毛効果が優れています。脱毛サロンは「光脱毛」という出力の低いレーザーを用いた脱毛施術を行っているので、脱毛効果が現れるまで長期間掛かります。

しかし、医療脱毛は高出力なレーザーを用いた脱毛施術を行っているので、脱毛サロンより短期間でより優れた脱毛効果が得られます。そのため短期間で脱毛を行いたい方や効果の高い脱毛を行いたい方には医療脱毛がおすすめです。

永久脱毛が可能

医療脱毛では高出力のレーザーを照射して毛根をしっかり破壊するため、ムダ毛が再生しない状態にできます。そして永久脱毛は医療脱毛でしか行えず、脱毛サロンは宣伝などに永久脱毛という言葉を使用することを禁じられています。

医師のフォローが受けられる

医療脱毛を行っているクリニックには医師免許を所持した医療従事者が集まっています。そのため、脱毛施術を受けるまえのカウンセリングでプロの医師から適切なアドバイスが受けられます。そして脱毛施術の際に火傷などの肌トラブルが発生した場合、脱毛サロンだと病院へ行って薬を処方してもらうなど他の施設で対処してもらう必要があります。

しかし、医療脱毛を行っているクリニックには医師が集まっているため、その場で薬を処方してもらうなど最善の対処を直接受けられます。

医療脱毛のデメリット

脱毛施術に痛みが伴う

脱毛サロンの行っている光脱毛は低出力のレーザーを照射するため、施術の際の痛みが小さく火傷などの肌トラブルもあまり発生しません。しかし、医療脱毛では高出力のレーザーを照射するため施術時に痛みを感じやすく、脱毛サロンと較べて火傷などの肌トラブルが発生しやすいというデメリットがあります。

そのためVIO脱毛で通常通りにレーザーを照射することは難しく、基本的には別途料金を支払って麻酔を使用してもらう必要があります。

肌が黒いと脱毛施術を受けられない

医療脱毛に利用されるレーザーはムダ毛に含まれるメラニン色素に反応します。そのため日焼けしているとレーザーが毛根ではなくて肌に反応して火傷を負うリスクがあります。したがって地黒肌や日焼けの程度によっては脱毛施術を断られる場合があります。

産毛は脱毛しにくい

産毛などの細い毛にはあまりメラニン色素が含まれていないため、医療脱毛で利用されているレーザーが反応せず脱毛できない場合があります。

医療脱毛で使用されるレーザーの種類

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーとは半導体を利用した近赤外線というレーザーのことです。主なメリットやデメリットは以下の通りです。

メリット

ダイオードレーザーは表皮や皮膚の組織にダメージを与えにくいため照射部位が限定されません。そのため、お肌のデリケートな部位にも脱毛施術を行えます。そしてダイオードレーザーはレーザーの照射角が四角形なので照射漏れが少なく、技術者の実力に関係なく脱毛する際にムラができません。

したがってムラを無くすための二重照射が不要なので、脱毛施術を短時間で終えられます。また、ダイオードレーザーは1照射当たりのパルス持続時間が1000分の3秒と短時間で実施可能なので、他のレーザーよりも高出力で脱毛施術を行えます。そしてダイオードレーザーの施術は照射する部分の先端にクーリングチップを取り付けるため、冷却しながら脱毛が行えます。

したがって、脱毛の際にお肌の火傷などの肌トラブルが発生しにくいというメリットがあります。また、ダイオードレーザーによる傷みは輪ゴムを弾いた程度に例えられており、他のレーザーよりも脱毛に伴う痛みが小さいといわれています。

デメリット

ダイオードレーザーは接触照射なので脱毛施術の際にジェルを使用する必要があります。このジェルを塗布する際に不快感を伴う可能性があります。また、脱毛施術を行う技術者の技量が不足していると火傷を負う場合があります。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという宝石を利用したレーザーです。また現在はクリニックに最も採用されているレーザーです。主なメリットやデメリットは以下の通りです。

メリット

レーザー脱毛で照射するレーザーはメラニン色素に反応するので、有色人種が利用すると火傷などの肌トラブルが起こりやすいという問題があります。しかし、アレキサンドライトレーザーは他のレーザーよりもメラニン色素に反応しづらいので、肌トラブルが起こりにくいというメリットがあります。

また、アレキサンドライトレーザーはニキビ跡やシミの改善にも利用されているレーザーなので、お肌のコラーゲン生成を促進してシミやニキビを改善する効果が得られます。そして1回にレーザーを照射可能な範囲がとても広いので照射漏れが起こりにくく、脱毛施術を終えるまでにレーザーを照射する回数が少なく済みます。

また「中空照射」という身体に接触しない照射方法のため、VIOなどのデリケートな部位に脱毛施術を行う際に不快感を伴いにくいというメリットがあります。したがってVIOに医療脱毛を行いたい方は、アレキサンドライトレーザーが置かれているクリニックを利用することがおすすめです。

デメリット

アレキサンドライトレーザーは他のレーザーよりも低出力に作られているので、産毛などの細い毛には反応しにくいという特徴があります。そのため、こうした毛を脱毛するには通常よりも出力を上げる必要があります。

YAGレーザー

YAGレーザーとは、「イットリウム・アルミニウム・ガーネット」という自然界にはない人口の結晶を利用したレーザーのことです。主なメリットやデメリットは以下の通りです。

メリット

YAGレーザーは医療脱毛に利用されているレーザーのなかで最も波長が長いので、他のレーザーでは届かない深さの毛根にダメージを与えられます。また、メラニン色素が薄い産毛の毛根にもダメージを与えられるので、他のレーザー脱毛では難しい産毛の脱毛も可能です。

そして地黒肌や日焼けした肌の方は他のレーザー脱毛を受けられませんが、YAGレーザーは他のレーザーよりも火傷のリスクが低いため肌の黒い方々でも脱毛施術を受けられます。そしてYAGレーザーは美容皮膚科で傷跡やシミなどの治療に利用されているレーザーなので、脱毛効果に加えて美肌効果も得られます。

また「硬毛化」といって、他のレーザーでは破壊しきれなかった毛根が元よりも強くなる影響でムダ毛が成長する場合がありますが、YAGレーザーは深部にある毛根にもダメージを与えられるので硬毛化が起こりにくいというメリットがあります。そのため、最も効果の高い脱毛施術を望む方にはYAGレーザーがおすすめです。

デメリット

YAGレーザーは医療脱毛に利用されているレーザーのなかでも、脱毛施術の際に最も大きな痛みを伴います。そのため、VIOなどのデリケートな部位への照射に向いていません。そして照射するレーザーが強力なため、施術後にレーザーを照射した部位が炎症を起こして赤くなる場合があります。

また、他のレーザーよりも導入しているクリニックが少なく、とくに大手クリニックにはほとんど導入されていません。

医療脱毛と脱毛サロンの料金比較

医療脱毛の料金相場

医療脱毛の料金相場は以下の内容です。

  • 両脇 :25,000円~70,000円
  • 肘上 :100,000円~150,000円
  • 肘下 :100,000円~160,000円
  • 膝上 :150,000円~280,000円
  • 膝下 :100,000円~200,000円
  • VIO  :110,000円~210,000円
  • 全身 :300,000円~500,000円

(※各4~6回分の料金)

脱毛サロンの料金相場

脱毛サロンの料金相場は以下の内容です。

  • 両脇:400円~20,000円
  • 腕 :3,000円~40,000円
  • 脚 :3,000円~50,000円
  • VIO :2,000円~40,000円
  • 全身:100,000円~200,000円

(※各4~6回分の料金)

料金に差が生まれる理由

医療脱毛は医療従事者の集まった医療機関が行っており、施設には医療機器がたくさん取り揃えられています。したがって設備投資額や人件費がとても高額であり、その分が上乗せされるため脱毛施術に必要な料金が脱毛サロンよりも高く設定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です