このページの先頭です

年齢を問わず人気!自己処理をやめて医療脱毛できれいを目指そう

154views

投稿日:

ダメージの大きい自己処理より脱毛がおすすめ、脱毛を始める年齢層は?

クリニックや脱毛サロンでのムダ毛処理が一般的になりましたが、まだまだ自己処理派の方も多いです。しかし、自己処理では肌へのダメージが大きいためおすすめできません。

昔よりも気軽に行きやすいため、クリニックや脱毛サロンでの脱毛を検討することをおすすめします。

クリニックや脱毛サロンへ行っている年齢層は、20代から30代が1番多いです。男性の方も、とても増えてきています。

男性は、接客業や営業職で清潔感を出したい方や、ヒゲが濃くて自己処理をすると肌荒れになってしまう方、就職活動のために清潔感を求める方など、さまざまな理由で脱毛を始めている方が多いです。

また、水泳やバレエなどの習い事に集中できるように、早い方では10代から脱毛を始めることも多いです。

最近は40代で脱毛を始める方も増えてきています。子育ての忙しさが少し落ち着いてきた主婦の方など、脱毛を始めたいと考えている方が多いです。さらに、50代や60代で脱毛を始める方も増えてきています。

ワキの脱毛や、脚、腕など今まで人気のあった脱毛部位に加え、VIO脱毛の人気が高くなってきています。20代の脱毛経験者の多くは、VIOも脱毛することが一般的です。

さらに、最近では40代以上でVIO脱毛を始める方が増加しています。スポーツや趣味、旅行など、ムダ毛を気にせず楽しみたいという理由もありますが、意外と多いのが介護される年齢になる前に脱毛をしておきたいという理由です。

介護されるときの恥ずかしさを減らしたいという理由や、施設のヘルパーさんや家族に大変な思いをさせたくない、少しでも負担を減らしたいと思う方が増えています。

なかには、実際に介護を経験してからVIOを脱毛しておきたいと思うようになった方もいます。

しかし、年を重ねてから脱毛を始めるには注意する点があり、普段から気をつけておかなければいけないことがあります。

現在の一般的な脱毛方法は医療脱毛とフラッシュ脱毛です。どちらの脱毛方法も毛の黒い色に反応して脱毛をします。

日焼けはもちろん、長年の自己処理や衣服のこすれなどにより色素沈着のある肌では、やけどをしやすくなるなどの肌トラブルの可能性が増えてしまいます。また、肌トラブルを避けるために出力を下げて脱毛すると脱毛の効果がでにくくなるため、回数や期間が長くなってしまうこともあります。

あまりにも日焼けや色素沈着がひどい場合は、脱毛を断られることもあります。さらに、白髪には脱毛効果を発揮しません。

肌が黒い方や白髪を脱毛したい方に効果的なのは、一部のクリニックで導入している新しい医療脱毛とニードル脱毛だけです。黒い肌や白髪を脱毛できる医療脱毛の機械は、まだ一部のクリニックにしか導入されていません。また、ニードル脱毛は電気針を使って1本ずつ処理をしていくため、強い痛みがあり時間がかかってしまう脱毛方法です。

これらの理由により、20代くらいから脱毛を始めることはとてもメリットがあります。なるべく自己処理をしたことがない状態であれば、とても理想的です。

脱毛を始めたいと考えている方は、日焼けや自己処理などに十分注意する必要があります。また、保湿ケアなど肌の状態を整えておくことも大切です。

毛の状態や肌の状態に問題がなければ脱毛がしやすくなるというメリットがあります。痛みの軽減はもちろん、回数や期間などを長引かせることなく料金の節約になります。

カミソリやワックスなどは危険大、自己処理によるデメリットとは?

自己処理による影響は肌にとても悪いため、おすすめできません。終わりのない自己処理は時間がかかりますし、普段からムダ毛が生えていないか気をつけていなければなりません。

主な自己処理によるデメリットを確認しましょう。

毛抜き

無理やり抜くという行為は、肌や毛穴に負担がかかるため大変危険です。生えてくることが遅いため好まれる方法ですが、怖い肌トラブルにもなりかねません。

毛穴が盛り上がって目立つようになることもありますし、菌が入って炎症を起こすこともあります。特に怖いことは、毛穴を広げてしまうということです。毛抜きで処理した毛穴から次に生えてくる毛は、広がった毛穴に合わせた太さになることもあると言われています。

カミソリ

カミソリは色素沈着をおこしやすい処理方法です。ムダ毛をそるときに肌も傷つけていることがあります。肌は黒ずみを起こして硬くなっていき、しなやかさのない肌になってしまいます。毛が肌の中で伸びてしまう埋没毛にもなりやすいです。

さらに、毛が濃くなることはありませんが、毛が太くなったように見えてしまいます。1本の毛は先端が細く、根元にいくほど太い形をしています。そのため、根元に近い場所で切断することで、太い切断面が先端となって伸びてしまいます。

除毛クリーム

薬品で毛を溶かす除毛クリームは肌によくありません。優しい成分であっても毛を溶かす働きをする以上、肌の黒ずみなどには気をつけましょう。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスも肌に刺激が強いです。角質がはがれてしまうことがないとは言えません。毛穴の炎症や埋没毛などになる可能性があります。

家庭用の脱毛器

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛が家庭でもできるように作られたものです。安全に使えるように、クリニックやサロンで使用されている脱毛機に比べて脱毛効果が大変低いです。また使い方の間違いなどにより、トラブルの原因になりかねないためあまりおすすめできません。

自己処理はダメージが大きいため、すぐにでもやめることをおすすめします。しかし、どうしても自己処理が必要な場合もあるでしょう。比較的ダメージが少ないと言われている電気シェーバーで優しく処理することがおすすめです。ただし、ヒゲを深ぞりできる男性用のシェーバーは絶対にやめましょう。

ホルモンバランスの乱れが毛を濃くしてしまうかもしれません

毛が濃くなる原因には、ホルモンバランスの影響もあります。女性ホルモンの働きが弱くなると、毛が濃くなることもあります。

ホルモンバランスが乱れる原因は主に生活習慣です。生活習慣を見直して、少しでも毛が濃くなる原因を作らないようにしましょう。

  • 質のよい睡眠をとる
  • お酒を飲みすぎない
  • 常温や温かい食べ物を食べるようにする
  • ストレスを解消する
  • タバコをやめる
  • 栄養バランスのよい食事をするなど

どれも体全体を健康に導いてくれることです。生活習慣を見直すことで、心身ともに健やかになることができます。

妊娠中に毛が濃くなることもありますが、出産を終えてしばらくすると元に戻ることがほとんどです。妊娠中のムダ毛が気になりそうな方は、妊娠する前に脱毛しておくことで軽減することができます。

妊娠すると脱毛はできません。早いうちに脱毛しておくことをおすすめします。

ムダ毛の悩みには医療脱毛がおすすめです

脱毛を始めるのは、早ければ早いほどおすすめです。比較的に時間のある学生のうちに始めると仕事の都合などでキャンセルをする必要がなく、毛のサイクルに合わせて脱毛しやすいです。

料金が低価格で痛みが少ないフラッシュ脱毛は永久脱毛ではありません。脱毛後も生えてくることがあるため、脱毛終了後も通い続けなければいけないこともあります。

フラッシュ脱毛より脱毛効果の高い医療脱毛のほうがおすすめです。医療レーザーでしっかりと脱毛をすることができます。

自己処理を控えたり規則正しい生活をすることで、脱毛しやすい肌を保つことができます。脱毛しやすい肌を保ち、医療脱毛ですっきりきれいな肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です