このページの先頭です

医療脱毛クリニックの選び方|施術後ケア・保証内容を確認すべき理由

176views

投稿日:

フラッシュ脱毛とは違う「レーザー脱毛」のこと

レーザー脱毛は、医療脱毛クリニックで提供している「医療脱毛」のことです。だから、脱毛サロンで提供しているフラッシュ脱毛とは違います。

医療だからこそ提供できるレーザー脱毛

レーザー脱毛は医療の分野に該当するので、医療脱毛クリニックじゃないと取り扱いできないのです。だから、それ相応の免許や資格が必要になります。つまり、施術してくれるのは「医師」ということです。この辺りは、脱毛サロンにはないメリットです。

レーザー脱毛の圧倒的な脱毛効果

全身脱毛にしても、各部位の脱毛にしても、脱毛したい女性って永久脱毛を目指すケースが多いですよね。実は、「フラッシュ脱毛では永久脱毛できない」って知っていましたか?これってあんまり知られていないことなんです。だけど、レーザー脱毛なら永久脱毛も大丈夫!そのくらいの効果をレーザー脱毛は誇っているのです。

レーザー脱毛は効果が高いが肌トラブルが起こるリスクもある

レーザー脱毛は、脱毛効果が高い代わりに肌トラブルが起こるリスクも否めません。例えば

  • 軽いやけど
  • かぶれ
  • 色素沈着
  • 毛嚢症

などです。

ただこれらの症状は、レーザー脱毛する以上つきものではあるので、珍しいことではありません。おそらく、カウンセリングの時にも過度な心配はしないようにアドバイスされることでしょう。しかし、肌質が弱い女性は極端な症状になることがあるのです。そんな時は、すぐに脱毛施設に報告してください。

施設で脱毛する時は術後ケアや保証内容を確認しておこう

医療脱毛クリニックにしても、脱毛サロンにしても、施設で脱毛するのであれば、必ず術後ケアや保証内容を確認しておかなければなりません。

最低限確認しておきたいこと

「術後ケアや保証内容を確認する」と言っても、初めて施設で脱毛する女性の場合、どんな内容を確認するべきなのか分からないと思います。そんな時には、次に取り上げる内容を最低限確認しておいてください。

治療の料金

火傷気味になったり、かぶれてしまった時にはそれ相応の治療をしなければいけません。例えば、診察やお薬の処方などです。この時に、料金がかかるのか事前確認しておきましょう。

「思わぬ肌トラブルが起きたんだから、無料でケアしてもらって当然でしょ!」と思う女性が多いと思いますが、料金を取るクリニックもあるんですよ。でも、無料でケアしてくれるクリニックもたくさんありますからご安心を。

返金制度

肌トラブルが発生してしまった場合、症状によっては途中解約しなければならなりません。本人が「まだ脱毛したい」と希望していても、無理して続けるわけにはいきませんから当然ですね。ということは、コースプランがまだ残っていると考えられます。そんな場合は、残りの料金を返金してもらいたいところ。

この際の返金制度はお店によって様々です。全額返金してくれる場合もあれば、一部だけ返金する場合とか、返金手数料がかかるなど、いろんなケースがあります。たから、ちゃんと確認しておかないと思わぬ金銭トラブルに発展するので気をつけておきましょう。

有効期限

保証制度には、有効期限がつきものです。無期限ということはあまりないと思います。有効期限が短いクリニックだと、十分なアフターケアを受けていないうちに期限が切れてしまうので注意が必要です。特に、全身脱毛を受けている場合は施術期間が長くなるので、保証制度もなるべく長く設けたいところ。2年~3年くらい設けている施設だと良いと思います。

必ず契約する前に確認を!

上記のような確認を取る場合は、必ず契約する前に確認するようにしましょう。ですから、無料カウンセリングの時ですね。ちゃんとカウンセリングしておかないと、契約した後に「そんな話聞いていない!」と言うことになり、トラブルになるのはよくあることなんです。

場合によっては裁判問題に発展することもあります。そんな煩わしさを感じないためにも、気になることは契約前に徹底的リサーチしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です